一歌談欒Vol.2 中澤系 | 堂那灼風 | note

 第一回に引き続き例の企画。詳細はリンクをどうぞ。  本稿は大学で履修した宗教学のレポートを元に抜粋・再考したものである。古来歌とは宗教的側面を持つものであったという指摘に触れ、その観点を織り交ぜつつ考察した。 (たとえば世界で最初にスサノオノミコトが詠んだ「八重垣」の歌は、母を亡くし高天原を…