[review]循環器疾患におけるジルチアゼムの有効性・安全性~ジルチアゼムの臨床的な位置付けってどんな感じ?~ | 青島周一 | note

カルシウム拮抗薬は、血管拡張作用とそれに続く血圧の低下をもたらします。 心臓においては、この遮断作用が心収縮性を低下させ、房室伝導速度を遅くすると言われています。 (N Engl J Med. 1999 Nov 4;341(19):1447-57. PMID: 10547409) 加えて、いくつかのカルシウム拮抗薬、例えばジルチアゼムは、慢性の安定狭心症…