婚約破棄になったぼくが恋愛工学をはじめた理由 | Tawiga | note

「うん、またね。連絡ちょうだい。」 彼女はそう言ってタクシーに乗り込んだ。早朝4時の新宿。まだ辺りは薄暗い。ぼくは寒さに身を縮め、コートのポケットに手を突っ込んだ。 ―――今日は上手くいった。彼女の塩対応っぷりには辟易したが、ミラーリングとバックトラック、そしてイエスセットのおかげでCフェーズは乗り越えた…