嘘つきは作家のはじまり|水流苑まち(つるぞの・まち)|note

作家の日常、考えごと。 嘘や妄想も織り交ぜて、チラ裏にメモする感覚で軽く書いています。