写真沼に、片足を突っ込んで | kemara | note

写真って、その入り口に立った時に考えていた以上にずっと…底なし沼みたいな趣味だった。まず、道具がいる。知識がいる。この時点で、すでに膨大な情報が目の前に山積みで。それらをあれやこれやとつまみ食いしながら、先を進んでいると。今度は自分と向き合うことを要求される、という段階に入る。何が撮りたいのか、どう…