死によって、奪われる思い出 | kemara | note

昨年の夏に母が急死して以来、新たな感情を覚えるようになった。今までになかった、この感覚。"思い出を持ち逃げされる事の怖さ"、とでも言えばいいのだろうか?実に当たり前のことなのだけれど…生きている間に聞かなかった話は、もう永遠に聞けない。母が子供の頃の話、両親の馴れ初め、祖父母のエピソード、こ…