プロダクト側とビジネス側の「対等な関係」がカギ!PM✕事業部長の2TOP体制で挑む事業開発 | SELECK

〜「御用聞き」にはならない。より本質的な課題を解決できるサービスを作るための、プロダクトサイドとビジネスサイドが直接対話するチームづくりとは〜「Fintech」「Edtech」など、既存産業が抱える課題をテクノロジーによって解決しようとす