ストーナー - 地味でも平凡でも生きていく - シミルボン

ストーナー / Williams John/東江 一紀/ジョン・ウィリアムズ についてのレビュー。2015年に行われた第1回日本翻訳大賞の読者賞受賞作。その前年に亡くなった翻訳家・東江一紀氏の最後の翻訳書でもある。ストーリーは、簡単に言えば、平凡な男が大学で文学の魅力にとりつかれ、そのまま研究者として生きて死ぬというだけの…