きっと克服できる「回避型愛着スタイル」― 絆が希薄で人生に冷めている人たち

岡田尊司先生の新刊、「回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)」を読み終わりました。 要約すると、次のような内容です。 「現代の子どもたちは家族と過ごす時間が減り、メディア依存の傾向が高まっている。そのため回避型の愛着スタイルを示すことが増えている。 回避型の愛着スタイルを示す人は、社交や責任を嫌…