きっと乗り越えられる「回避型愛着スタイル」― 絆が希薄で人生に冷めている人たち

自分の人生に対して、サバサバしてクール。できることなら、面倒な仕事はしたくないし、人づきあいも煩わしい。 現代社会には、そうした現実感や人との絆が稀薄な人たちが増えていると述べるのは、回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)という本です。 現代の子どもたちは家族と過ごす時間が減り、メディア依存の…