「ラノベと小説は全くの別物」

ラノベ読者は小説としての内容ではなく、絵を目的にラノベを読んでいる、という主張です。