驚愕のタイトルに秘められた壮大なテーマ。何度も読み返したくなる小説

「あらかじめ決められた死」を知ったとき、それが身近な誰かの死だったとき、人はどうするのだろうか。