世界的な賃金の伸び悩みはミステリー、労働市場堅調にもかかわらず

主要7カ国(G7)をはじめとする各国では労働市場が改善し、失業率は当局が完全雇用と見なす水準近辺かそれをやや下回る水準にまで下がった。それでも労働者の賃金は世界的に伸び悩んでおり、エコノミストらを当惑させている。