祖母を支え、死を選んだ孫。二人を撮り続けた写真家の思い

悲しい物語かもしれない。だけど、その写真は見る人の心を打った。