エドワード・ヤンは映画監督になることを運命づけられた人…ホウ・シャオシェンが語る - シネマトゥデイ

映画『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』も公開中の台湾ニューシネマの旗手、故エドワード・ヤン監督の長編第2作『台北ストーリー』(1985)が、5月6日に日本初公開を迎える。