東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる | 文庫 | ファミ通文庫 | エンターブレイン

わたしは本当に、あの人のことが、憎くて憎くて、ならないのです。