堀田 義樹

お知らせやメールに「年内最後の」とか何度か書いていたら、いろいろ甦ってきて今年はなんていい年だったんだろうと感動して泣きそうに。