サッカーW杯の出場枠拡大 2026年からアジアは「最大9チーム」

   国際サッカー連盟(FIFA)は2017年5月9日、バーレーンのマナマで理事会を開催し、出場チーム数が現行の32から48に増える2026年ワールドカップ(W杯)の大陸別出場枠拡大案を承認したと発表した。アジアは現行の4.5から8枠が確約され、門戸が広がった。