全員が常にフル稼働している組織は長続きしない。存続のためには人員に余裕を持たせることが重要である。

「残業代が高いから残業させない」という観点はあっても、「仕事の質を上げたいから、社員に適切な休みを取らせるために残業させない」とはあまり聞きません。「いまは比較的ゆとりがある時期だから、少しゆっくりしていいよ」といった指示はほとんどなく、全ての社員が100%の力で仕事に臨むことを求める風潮さえあります…