「脆弱性調査レポート」を公開しました。

Microsoft Windows 製品のSMBv1(サーバー メッセージ ブロック 1.0)サーバーに、リモートより任意のコードが実行可能な脆弱性(MS17-010)及び、その脆弱性を利用する攻撃コードが発見されました。