短鎖脂肪酸

腸内フローラの改善によって生み出される短鎖脂肪酸には肥満症の予防効果やダイエット効果があります。また炎症を抑制する働きがあり、アレルギーやうつ、潰瘍性大腸炎などの症状の緩和にも効果を発揮します。