冬の銀山温泉は極楽が待つ秘境だった | 旅するメディア びゅうたび

16世紀に銀鉱が発見され江戸時代の大銀山として栄えた延沢銀山。現在は木造三層四層の旅館が軒を並べる銀山温泉となり、大正ロマン漂うレトロな温泉街として人気を集めています。女性にも人気な銀山温泉をサブカルライターの井口エリが訪れます。