“新たな手塚治虫”は二次創作から生まれる―後世に受け入れられるプロデュース術とは

『わたしのアトム展』など、数多のイベントを成功に導いてきた手塚るみ子の仕事に迫る