H264_償い 「主 文 被告人両名を懲役3年以上5年以下に処する。」

東京地方裁判所の山室惠裁判官が、判決文よみあげた後、「さだまさしの償いの歌詞だけでもよみなさい」と被告をさとしたことから有名になったんだけど 判決翌日、被告の少年、少年の叔母が拘置中の東京拘置所あてに投かんしていた「償い」の歌詞を書き写した手紙を読んだ。 接見した母親が「人に許しを請うのは簡単な事で…