『気付いていない部分の『やろ100』』

後回しにしているものの中で気付いているものと気付いていないものがあるということが分かった。例えば人に聞いたり、教えてもらいたいこと。凄く困っている訳ではないし…