パートナーの変化を意識していれば「倦怠期」とは無縁です|岸見一郎 25歳からの哲学入門 Vol.08

結婚をして、子どもも生まれ、とくに不満を感じることはない。けれど、かつてパートナーに抱いていた感情は、いつの間にか薄れてしまった。どうしたら、この「倦怠期」の危機を乗り越えられるのか──。前回に引き続き、夫婦関係にまつわるお悩みを岸見一郎先生に聞いてもらいました。前回のお悩み:「成功」を求めるから、…