「週明けの出社が憂鬱なら休めばいいのです」|岸見一郎 25歳からの哲学入門 Vol.13

楽しい週末が終わり、日曜日の夕方の時点で月曜日の朝が憂鬱になってくる。きっと、誰しも一度は経験したことがあるはず。週末や連休が明けて、“現実”に戻るのが辛いのは仕方ない。けれど、この憂鬱な気分を少しでも軽減させる方法はないのだろうか。今月も、哲学の視点から岸見一郎先生に答えてもらいました。前回のお悩…