::after (:after)

CSS の :after 擬似要素 は、選択した要素の仮想的な最後の子要素にマッチします。典型的な用途は、CSS の content プロパティを使って、ある要素に装飾的なコンテンツを追加するものです。この要素はデフォルトではインラインです。