::after (:after)

CSS において ::after は、選択した要素の最後の子要素として擬似要素を作成します。よく content プロパティを使用して、要素に装飾的な内容を追加するために用いられます。