::before (:before)

::before はマッチした要素の最初の子要素となる 擬似要素 を生成します。 content プロパティを使って、装飾的なコンテンツを要素に追加するのによく使われます。この要素はデフォルトではインラインです。