ピロリ菌がいなくてもなる「胃がん」が増加中

胃がんの原因として代表的なのが、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)感染です。しかし昨今、ピロリ菌感染がなくても発生する胃がんが注目され始めています。