香りと認知症:研究室だより第15部/下 アロマセラピー 予防・改善を実験で確認 /鳥取 - 毎日新聞

 アロマセラピーによる嗅(きゅう)神経の刺激で、アルツハイマー型認知症の予防・改善ができるのではないかという仮説にたどり着いた、鳥取大医学部保健学科の浦上克哉教授(60)=認知症予防学。昼間に「ローズマリー・カンファー」と「レモン」、夜間に「真正ラベンダー」と「スイートオレンジ」のエッセンシャルオイ