映画:輿石監督「差別生む構造」作品に ハンセン病・沖縄 - 毎日新聞

ドキュメンタリー「声上げ続けることに意味がある」  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する運動に取り組む同市のドキュメンタリー映画監督、輿石正(こしいし・まさし)さん(71)が、元ハンセン病患者の男性の半生を追った映画「岸辺の杙(くい)」の製作を進めている。7月完成を…