進行していないポリープは大腸がんリスク低い 米研究|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

 大腸内視鏡検査で、がん化の可能性があるポリープ(腺腫)が見つかった人のうち、直径1cm未満で進行していないタイプの腺腫であった人の大腸がん発症リスクは、腺腫がなかった人と同程度だった――。そんな研究結果が、このほど米国で報告されました。■ポリ…