『陰翳礼讃』が語る日本の美意識がかっこよすぎて震える

谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼讃』を読んだ感想です覚えておきたい、グッとくる言葉が多すぎたので引用が多くなると思います。『陰翳礼讃』とは『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎(1886年-1965年)の随筆。1933~34年に雑誌で連載さ