八田與一像の頭部が切断される 台湾ダム建設に貢献した日本人技師

   台湾南部・台南市の烏山頭ダム付近で2017年4月16日、日本統治時代に同ダムの建設を指導した日本人技師・八田與一(よいち)の銅像の頭部が切断されているのが見つかり、地元警察が捜査を進めている。各メディアが報じた。