【SSL化必須】Chrome「全HTTPサイトに警告表示」でどうなる?2018年7月開始 | カゴヤのサーバー研究室

2018年7月リリースのGoogle Chrome 68から、SSLで暗号化されていない(URLが「http://」で始まる)全てのホームページを閲覧した際に、アドレスバーに「保護されていません」と警告が表示されるようになります。ここでは、これによってどんなことが起こるのか、サイトのSSL化に関するGoogleの考え方、今後のSSL事情をわかり…