住野よる『君の膵臓をたべたい』の紹介【小説の感想・解説】

住野よるさんの小説『君の膵臓をたべたい』を読み終えました。 「膵臓」は「すいぞう」と読みます。僕は最初読めませんでした。 たくさんの人に読んでほしい一冊です。 インパクトのあるタイトルとは対照的に、繊細なストーリーが本の中に流れています。 今回は、住野よる『君の膵臓をたべたい』を紹介します。