仕事は幾つあってもいい!100年時代のビジネスライフ 4

いい大学を出て、いい企業であわよくば一生安泰に勤めることが何よりも幸せという価値観を社会や親から何の疑問も持たずに植えつけられ、その期待に応えるべく新卒で入った日本IBMで30代まで、実績とキャリアを積んできた勝屋久さん。血気盛んな20〜30代の頃には直属の上司とぶつかるほど、自分の仕事に信念もビジョ…