100分de名著 三木清 人生論ノート #3 孤独や虚無と向き合う

虚無=人間の条件 どんな方法でも良い 自己を集中しようとすればするほど 私は自己が何かの上に浮いているように感じる いったい何の上にであろうか。 虚無の上にというのほかない 事故は虚無の中の一つの点である。 この点は限りなく縮小することができるのである。生命は虚無でなく 虚無はむしろ人間の条件である。(中…