エッセイを書きたかったのかもしれない

エッセイを書きたかったのかもしれない。 春の陽気を感じさせる暖かい土曜日、羊毛店で僕はそう思った。 その羊毛店は蔵前と浅草橋の間あたりにある。連れに連れられて店に入ってみると何ともお洒落な空間が広がっていた。何がおしゃれなのかって、当然毛糸が至る所に積んでいるわけだけどその傍にいちいち書籍が何冊が積…