プラスチックの輪にはまり込み死亡したアザラシ 人のゴミが引き起こす惨たらしい結果

このアザラシは、まだ小さい子供だった時に、海中に流れていたプラスチックの輪にはまり込んでしまったと見られています。 プラスチックの輪が残ったまま体はどんどん大きくなっていき、皮膚を締め付け、さらには筋肉をむしばむほど食い込んでしまっています。 5月のはじめ、イギリスのニューカッスルにある海岸でこのアザ…