朗読劇『陰陽師』藤、恋せば 篇

www.youtube.com STORY 平安時代― 闇が闇として残っていた時代で、人々の何割かは、妖(あや)しのものの存在を確実に信じていた頃である。 遠境の森や山の奥ではなく、人も、鬼も、もののけも、同じ都の暗がりの中に、 時には同じ屋根の下に、息をひそめて一緒に棲んでいたのがこの時代である。 夢枕獏 陰陽師「玄…