中国など海外企業との競争に勝てない時代「子どもを叱るのは褒めた後に」だが現実は「子どもを叱るのは後にも先にもなし」

中国人やアメリカ人たちの闘争心の強さは、日本人のそれに勝っている。 大学の先生方は、学生たちの知識に対する領域の狭さと向上心の不足からして、それをよく知っている。 そして企業幹部は、同じようにそれをよく知っている。 今の日本に必要なのは、「叱るのも、褒めるのも」だ。