衆院可決を待って「共謀罪の危険性」を記事化した理由は報道自由度世界第72位でアリバイ作り

何故、今になって「中国の諜報活動そっくり」などと、国家主義国家・中国の国名を恐怖政治の代名詞として援用し、恣意的に危険性を強調するのか。 もし、日本のメディアに恐怖政治の危険性を強く訴える誠意とその意志があるのなら、この半年前からでも細部に亘って、毎日、広く取材した内容を記事化し、そうすることで充分…