「将来のことは考えないようにしている」はバブル期から今まで変わってはいない

道内最低賃金810円に 「24円増えても変わらぬ」肩落とす非正規労働者 北海道新聞08/06 05:00 これを許したのは、バブル期の労働組合と労働者、学生だ。 彼等は目先の利益、名目賃金の上昇と職業格差容認・労働者間の分断に走り、国際資本と日本の経済界をナメ切ったのだ。 その結果、思考停止に置かれ、生きる力を削…