山奥ニートと火事

散歩から帰って、うとうとしていた午後6時ごろ。「火事だ!」という声が聞こえた。 飛び起きて外に出ると、小雨が降っていた。みんなが走るほうに振り向くと、坂を50mほど登った先にある家からオレンジ色の火が吹き出していた。 はるこむぎさんは既に消火栓にホースを繋げているところで、僕はホースを持って現場へと…