かつて「護郷隊」とよばれた少年兵がいた - 「なぜ死ななかったのか」と日本兵は言い放った

日本軍は、前線で最も危険な任務に少年兵を使い、切り込み隊やゲリラ部隊として死ぬことを命じた。軍は子供であることすら利用した。 「なぜ死ななかったのか」 これが、伝令にだされ米軍に遭遇しながらも生きて帰ってきた16歳の沖縄の少年に、日本軍が放ったひと言だった。。 軍は言葉を変え、法をねじ伏せ、14歳から…