見えない光に導かれて ―箒星/Mr.Children―

「好きです」 素直に言える君がうらやましかった 僕は自分の感情さえ 言葉にできなかったから いつだって 格好つけたり、理由をつけては、 ごまかしてばかり 正直に言うのを、 恥ずかしいとさえ思っていた でも、君も同じだった 不器用だけど、 一生懸命伝えようとしていたんだね 伝えたい想いが 今ここにあるから 見えな…