10万円未満のパソコンは消耗品費にできる?減価償却? | 個人事業主メモ

消耗品費とは、10万円未満、もしくは法定耐用年数が1年未満のものを購入する際の費用のことを指します。消耗品費の大きな基準は「10万円」で、取得価額10万円未満のもの、もしくは耐用年数が1年未満のものは、消耗品費として計上できます。逆に10万円以上のものは固定資産として減価償却する必要があります。