キンコン西野さんの著書「新世界」が熱すぎる。「正直というもの」

西野亮廣(にしのあきひろ)さんのアキヒロという字がなかなか読めるように なれない、くらいの温度から読み始め、 絵本のように丁寧な語り口から入り 内容はかなり大胆不敵であり馬鹿でかい熱を帯びている。 そして「新世界」という言葉が フィクションではなくまさに今、動き出しているという点において フィクションで…