東海道新幹線でEOS M5の動体撮影能力を試してみる

キヤノン独自のデュアルピクセルCMOSを搭載したEOS M5は、全画面の全画素が像面位相差AFセンサーとなっており、高速な合焦とともに秒間7コマの高速連写にも対応しています。しかもバッファ量もそこそこあって、EVFのブラックアウト時間なども十分に短縮するなど、今までミラーレス機が不得意としていた動体撮影をむしろ得…